*ソノヒグラシ*

薄給OLが己の所得を省みず散財してる日記です。主に、旅と酒に特化。
2014年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年05月
ARCHIVE ≫ 2014年05月
      

≪ 前月 |  2014年05月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

地中海クルーズの旅① クルーズについて編

2014年5月10日~5月19日まで、地中海クルーズ10日間の旅に新婚旅行で行ってきました

行き先は以下の通り

map_ncl_ep_140510.gif


国でいうと、イタリア・フランス・スペインに寄航し観光するわけですが、
必然的にほぼ港の近くしか観光できないので、パリだとか有名どころは行けず、
マイナーなところに行ったりもしましたが、それはそれで面白い体験でした^^

なぜ、クルーズツアーを選んだかと言うと、

元々、新婚旅行は絶対ヨーロッパ(というかスペイン)に行きたいって思ってて調べてたんですね。

そしたら、うっかりクルーズの広告が目に留まりまして。

ほっほう。寄港地にバルセロナも含まれてるプランもあるじゃん!??

と思ったら俄然船旅に興味が出てきて。

ていうか、船旅のがいいんじゃね?としか思えなくなりまして。

タイタニック愛してるし?(関係ない)

でも、あれでしょう?クルーズとかお高いんでしょう?
優雅なマダムがイブニングドレス着てオホホホみたいなザ・社交界な世界なんでしょう?
夜は仮面舞踏会とか開かれるんでしょう?

って思ってたら(←半ば本気)、思っていたより全っ然リーズナボーじゃないですか!!!

元々考えてた、「ビジネスクラスで行くスペイン8日間」よりも安い。

なんなら、船室レベルを落として、寄港地のツアーも無しで、ハイシーズンじゃなければ
20万前後ぐらいで行けます。もちろん航空機代込みで。

もちろん、アゴが膝まで落ちるぐらいぐらいお高い船もあります。

船のレベルは

カジュアル  
プレミアム 
ラグジュアリー

って分かれてるんだよね。ラグジュアリーはホントそれこそ紳士淑女しか乗ってないイメージよ。おそらく。
私たちはもちろんカジュアル船。エンターテイメントシップと呼ばれていて、
イベントとかパーティ的なことに重きを置いてる感じ。

フォーマルの日が設定されていない気軽な船です。
でも船自体はすっごい大きくて、15万トン(タイタニックの3倍)もあるんだって。

18階建てのマンションに2000以上も部屋があってそれが動いてるって想像してね。
そこに1700人の従業員を含め合計4000人の人間が乗ってる。
05eaec40.jpg

↑これが乗った船。自力では全景が取れなかったので(でかすぎて)、HPから写真お借りしました。



私がクルーズツアーに決めた魅力に感じた主な点を挙げてみますね。

リッチな気分が味わえるのにリーズナブル
寝てる間に次の寄港地に着いている
そしていちいちパッキングの必要がない
船内の料理は食べ放題(食事にお金がかからない)
船内は、様々なイベントやアミューズメントがある(多分一ヶ月位は余裕で飽きずに乗れるかと)
外国なのに夜でも船内は治安が良い(笑)


これは、実際に乗ってみて全て実感できたことでした。
特に、寝てる間に移動、、ってのはモノグサな私にとってかなりのメリット!

小さい頃、「家が車みたいに動けばいいのに」、、って思ってた夢が叶った感じww


あと、旅先で使うお小遣いは2人で10万を予定していたのですが、全然使い切りませんでした。
食事にほとんどお金がかからないっていうのが結構大きいような気がしますね。

なにしろ朝から晩まで、船内のどこかで食事にありつけます。
しかも、無料で食べ放題です。

途中飽きてきたりもしたので、和食の有料レストランも一度だけ利用しましたが。


逆に、乗ってみて、ここは盲点だったなと思ったのは、

街での夜遊びが出来ない
船が意外と揺れる
早朝に下船することが多いので、夜更かしできない(老夫婦のようなスケジュールでしたw)
寒い
疎外感ややアリ

ってところでした。

疎外感うんぬんは、おいおい書きますね。


ちなみに、私たちは添乗員さんつきのツアーに参加したのですが、これは微妙なところでした。
良い面もあったけど、基本縛られたくないし、自由に動き回りたい私たちには苦痛な場面も多く。

まあ、この辺も後述します。

でも、多少大変だったけど、少ない日数でたくさんの国や観光地を回れるのはクルーズならではだと思います。

そうそう、ヨーロッパの旅だったので街ではユーロを使いますが、船はアメリカの船だったので船内はドルで支払います。


船の中ではシップカードという、クレジットカード&ID&ルームキーの役割を果たすものを一人一枚作ります。

最初の受付でクレジットカード情報を登録するか、現金で最終日に清算するか選ぶのですが、
現金での清算は、めっちゃ混むのでクレカがオススメです。

船の中で何かを購入したり(お酒やエステ代などは有料なので)する場合は、すべてコレで支払い(なので船では現金やクレカを持ち歩く必要はない)
利用状況もすぐに部屋のモニターで見れるので便利なこと山の如しです。


他にも書きたいこと山ほどあるのですが、、船の説明だけでものすご長くなってきたので、次から旅行記に入りますね。

出発編だけで長くなりそうな予感ですが・・・・笑
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。