*ソノヒグラシ*

薄給OLが己の所得を省みず散財してる日記です。主に、旅と酒に特化。
2014年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年06月
ARCHIVE ≫ 2014年06月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2014年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

地中海クルーズの旅⑫ 疎外感と最後の夜

疎外感、というほど強いものではないのですが、
この旅ではなんとなーーく、そう感じる場面がちょいちょいありました。

被害妄想だと言われればそうなのかもしれません。

今までの旅先では、あまり感じたことがなかったんだけど、それは同じアジア圏だったりグアム・サイパンだったり、
欧米圏でも日本人観光客が多い大きな観光地だったりしたからなのかなあ、って。

まあ、スーパーのレジとかファストフード店なんかで日本では考えられないくらい無愛想な店員さんに接客されて
絶句したりとかはありましたけどね。
でも、そういう人って誰にでも無愛想だし。

でも、今回旅では、そういう感じではなくて。
なんというか、今まであまり意識してなかった人種ヒエラルキーを意識せざるを得なかった、という感じです。


まず船内。
乗客の7割は欧米人です。
しかも年配の人が結構います。
その方たちと廊下ですれ違ったり、エレベータで一緒になりますよね。
私たちは、一応挨拶するんですけど大体目を合わせないか無視か、苦笑いで挨拶してくるか。

で、例えば私たちとエレベーターに乗り合わせても、シーーーンとしてるのに
後から欧米人が乗ってきたら「Hi♪」とか「How are you?」「Where are you from?」とか話しかけて和気藹々となるんですね。
私たちはどんどん隅に追いやられ、いないもの、みたいな扱いです。

ショーなどで隣の席が私たち(アジア人)だとあからさまに嫌そうな顔する人もいたし、
席を移ってしまう人もいました。

船内のレストランでもそうでした。

スタッフの方たち(主に東南アジア系)あまり愛想が無いなあと思ってたんだけど、
欧米人の方たちには、超笑顔でめっちゃ話し掛けるし、気に掛けて何度もテーブルに伺ったりしてるんです。
最初は気のせいかと思ってたけど、大体そんな感じでした。
まあ、言葉の壁もあると思いますが。

あるレストランなどでは、ガラガラなのに一番冴えない席に通され、
もちろん私たちには無愛想、欧米人にはニコニコ、良い席に通す。

食事を終えて私が近くにいたスタッフに「Check Please」と言うと、私の真似して
「チェックプリ~~ズ」と大きな声で、他のスタッフに伝え、他のスタッフが「ちょっとwwやめなよww」
みたいにクスクス笑ってることもありました。私の発音が変だったからかもしれないけど、不愉快だった。

そこから10分ぐらい待たされたけど何の音沙汰もないので、今度は別のスタッフに
(お会計)まだですか?
と言ったら「お会計ですか?」と言われやっと伝票を持ってきてくれる始末で。要は忘れられてたわけです。
わざとか知らないけど。

私はそれこそクルーズの序盤からそういう排他な雰囲気を感じてたけど、
夫はやっとこの辺で「あれ」って思い始めたみたいで。
2人して、なんかね、悲しいね、って話したりしてました。

あ、もちろんフレンドリーな人や優しいスタッフの方もたくさんいましたけどね。

下船し、街での買い物も最初は嫌でしたね。(特にイタリア)
試着していい?って聞くと、顔も見ず、うなずいて試着室を指さすだけ、だし
試着して出てくると並んでる人たちにじろじろ見られて、ヒソヒソ話とか。
品物も投げて渡されるし。
まあ、だんだん気にならなくなりましたけど、会話が必要な場面では毎回緊張しました。


ちなみに、「日本人だ」ということが分かると、態度が変わる人もいたんです。
それまで怪訝そうな顔してたのに、
「あっ、中国人じゃないんだ?日本人なんだ?なーんだハハハ。」みたいなね。

つまり、私が中国人顔なことが疎外感を感じた原因なのかもしれません。

私自身も、正直、差別をしてないとは言い切れませんから、お互い様ですかね。
実際、中国人に間違われてあまり良い気持ちがしない、ってことは差別をしてるんだと思います。
逆に「アメリカ人?」って聞かれたら、きっと嬉しい。
もし、ショーを見に行って隣に中国人が座ったら、「ちょっと嫌かも」って思わないとは言えないし。
(中国人=マナーが悪い ってイメージ)

ただ、スペインだけは皆さんフレンドリーで、すごく居心地が良かったです。
ジロジロ見てくる人もいないし、お店の人も一見怖そうでも、すごく優しかったし。
分からないことを尋ねれば、かなり親身に教えてくれるし、
会計を待ってる間も冗談を飛ばしてきたり、、やっぱスペイン最高だな。
行く前から大好きって思ってたけど、行ってみて実感できてよかった。

epic20.jpg

さて、 マヨルカ島から船に戻り、少し休憩したあと下船のための最終パッキングをし食事へ。
この日は22:30からパーティがあると書いてあったのでそれに行くことに。

実は私、一応、浴衣を持ってきてたんですね。

本当はショーを観に行くときとかに着ようかなって思ってたんだけど、
なんせ、ほとんどのショーで客いじりが激しいものですから、変に目立ってはいけない、と浴衣を着るのを諦めてました。
でも、パーティなら大丈夫かな?と着ていくことに。

うっわー、あいつ、張り切りすぎwwwww痛いヤツwwww


って思われるのも覚悟の上。

これなら日本人だと思われるだろうって期待も込めてww

浴衣を着てエレベーターに乗ると、、アメリカンのおばちゃん達5人ぐらいと乗り合わせる。

すると、

「Oh my god・・・・・ 」
「Beautiful」
「What a pretty dress ・・」
「That's amazing・・.」

など口々に言われ、触られ、写メを撮られ、
彼女達が降りるときに全員からものすごい笑顔で

「Have a good night!!!! 」

と言われ、、、、

浴衣パワーすげーな、と。
着物だったらもっと反応良かったかもね。でも持っていくの大変だしね。笑

ま、そのあとは特に話しかけられたりすることもなかったんですけどねwww

パーティの会場に到着すると、まだあまり人はおらず。

epic18.jpg
暗い・・・

カクテルを一杯ずつ頼んで、しばらくパーティを楽しみました。

シンディローパーの曲が流れたので、めっちゃ踊りたくてウズウズしたんだけど浴衣なので自粛。

途中からものっそい眠くなってきたので0:00頃部屋に戻りました。

明日はとうとう下船です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。