*ソノヒグラシ*

薄給OLが己の所得を省みず散財してる日記です。主に、旅と酒に特化。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 2013.バリ島旅行③TOP旅行(海外) ≫ 2013.バリ島旅行③

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

2013.バリ島旅行③

【2日目】

8時起床。
ものすご爆睡したわりにアッサリ起きれた。


この日はカーチャーターを一日借りて、ウブドへ。
ちなみに、「大好きバリ」というサイトで申し込みしましたー。

ここのサイト、でお友達のレンツ兄さんとこの素材が使われててなんだかほっこりしたw

そうそう。10:00にホテルロビーで待ち合わせかと思ってたら、9:00の間違えで大いに慌てるwww
間に合ったけど、メイクはかなり中途半端

ガイドさんは「Tさん」という男性。40代だと思う。

すごい気さくな方でした。特に夫がやたら気に入られたようで、

「一緒に写真撮ろう!」と肩組まれたり、なにかとボディタッチが多いので、
「もしかしてゲイじゃなかろうか」って疑ったぐらいww


私が出したスケジュールだと『ウブドの滞在時間が短くなる』とか『ウルワツに行った事があるなら、
ケチャはこっちのほうがオススメ』、などリスケジュールしてくれて、とても助かりました!

最終的に、

タマンアユン寺院→ウブドのイブオカでバビグリン→スーパーで買い物
→ウブド散策→ケチャダンス鑑賞→屋台でマルタバ買う→マッサージ→終了

という流れになりました。

まずはタマンアユン寺院へ。ホテルから、1時間ぐらいかな。
途中から雨が降ってきたー。。。

あ。
そうそう、バリの交通事情は相変わらずです。

ubdo3.jpg

渋滞も激しいし、まーごっちゃごっちゃしてて、クラクション鳴りまくりだし、
1車線なのに思いっきり並走するし、小学生ぐらいの子供がノーヘルでバイク乗り回してるし、
絶対私はここで運転できない。
信号もほとんど無いので、道を渡るだけで冷や汗。


そんなわけで

霧雨が降る中、寺院へ。
3,000Rp払って中へ。寺院というより庭園のよう。芝生が整然と広がる美しい寺院でした。
7月に世界遺産に登録されたそうです。

taman1_201308241024381d1.jpg

天気がよければ写真も、もう少し綺麗に撮れたんだろうけどねー
でも、日よけの場所が無いので、晴天だったらバテてたかも。

taman2_201308241019495cd.jpg

1時間ほど見学して、ウブドのイブオカへ。バビグリンの有名なお店です。
前回も、行こうと思ってていけなかった念願のイブオカ。

ibu1.jpg


ibu2.jpg


思っていた以上に広い。
どうやら、改装して広くなって、より観光客向けになったらしい。

Tさんがいなかったら、どこに座ったら良いかマゴマゴするところだった
なんか、結構雑然としてて、床も油なのかべたべたぬるぬるしてる感じ><
基本屋外なので、ハエも多い

さて、やってまいりましたバビちゃん♪
babi.jpg

babi2.jpg

美味しかったよ!うん、美味しかった
でもそこまで感動的な美味しさでは無かったかなー

何気に、前回食べた名も知らぬ店のバビグリンのほうが美味しかったように感じた

そして、食後そのあとデルタデワタという地元のスーパーへ。

delta.jpg

delta2.jpg


お部屋で飲む用のお水やビール、お土産のナッツを買ったりして、ウブドの散策へ~

ubdo2.jpg


ここでは、洋服やアクセサリーなどを見たりしながらブラブラと。

ubudo1.jpg


途中カフェで休んだり、モンキーフォレストの近くでサルを撮ってみたり・・・

saru.jpg


猿に思いっきり目の前で交尾されたり、、、

てか、お土産屋さんにさ、木彫りのチソコ売って過ぎだから!!w
↓この写真のようなそっけないのもあれば、カラフルな色がつけられてるものもたーっくさん。

kibori.jpg

最初は「あはは、やだww」とか思ってたけど
だんだん「買おうかな・・・」って気になってきちゃったじゃん。
一種のサブリミナル効果だよこれwww


あ、あと一度やってみたかったフィッシュスパも体験しました♪

行こうと思ったお店は混んでたので、適当にすぐ入れそうな別の店に入ったら
20分100,000Rpと言われたので「高いね、15分でいいから50000Rpにして?」って言ったらすぐ交渉成立。

しかも、結局30分ぐらいやってたし。アバウトか!

足を水槽に入れると、グワァァっと寄って来て夢中で古い角質を食らいまくる魚たち・・・・
なんかごめん、と思わざるをえない。

fish.jpg
むっくむくの足でさーせん。そして足指広げまくってさーせんww

感覚としては、微弱の電流を流されている感じです


てか、このお店のフィッシュスパ。
客寄せのためなのか、ガラス越で、通りに面して座るのね。

だから、かなり見世物状態になりました。

道行く人がギョギョッ(フィッシュだけに。プッ)としながら見て行くの。


最初は恥ずかしかったけど、だんだん楽しくなってきて。

日本人を含むアジア人は割りと見てみぬふりというか、ジロジロ見ちゃダメ、って思うのか
横目で素通りが多かったけど、欧米人はかなりグイグイ来る。


角質を食べられている私たちの足発見→ギョッ!!→仲間に教える→仲間がわらわらと集まってきて私達の足凝視
「どう?」とか「くすぐったい?」とか聞いてくる→”good!”と親指を立てて去っていく

って感じでした

何人かに写真を撮られたので、
もしかしたらどこかの国の方フェイスブックとかにアップされてるかもね私の太い足が

17:30頃までウブドにいて、そのあとはケチャダンス鑑賞へ。
kecha1.jpg

初めて生で見ましたが、結構迫力があって楽しかったです。
kecha2.jpg


ただ、蚊が・・・
蚊がかなり飛んでて、あまり集中できなかったのが本音
最後に、キャストの人たちと写真が撮れるので、撮ってもらったりしました。


そして、このあとはホテルに戻りがてら屋台でマルタバとトゥランブランを買って、マッサージです。

ちなみに、マルタバとトゥランブランってのは簡単に言うと、
インドネシア風?お好み焼き、と今川焼きって感じのB級グルメです。


ところが、、お店が無い、、、いくら探しても無い、、、(探していたのはTさんですが)

どうやら、店を出している人たちはほとんどジャカルタの人たちで、休暇で帰省してるから屋台が無い、
とのこと。

「じゃあ、仕方ないねー。いいよー。また次来るときの楽しみが出来たよ!」って言ったんだけど

Tさんがどうしても諦めきれないらしい。「本当にごめんなさい」ってずっと言ってる。
だから、気にしないで!マッサージ行こうよ!と私達以上にしょんぼりしているTさんをなだめて(←


COZYというマッサージ店へ。
cozy.jpg


ここは、リーズナブルな街スパですが、かなり評判が良いお店です。
リピーター多し。

料金は1時間1,800円ぐらい?安ーい。

まず、施術中に聴く音楽と、好みのアロマオイルをチョイスします。

そして部屋に通されると、暗っ!!

cozy3.jpg

水槽の明かりだけが頼り、って感じ。

完全にリラックスモードに持ち込まれるヨカーン いやーん(韻踏み)

でも、実はちょっと空調が寒かったのと、マッサージしてくれたのが男性だったので
結構力が強くて痛かったのと、おなかがグーグーなってしまったのが気になってて
(足ツボ刺激されると~おなかが鳴っちゃうシステム~♪ by佐久間一行)
あまりリラックスできなかった、っていう。

そして、スパの会計を済ませ車に戻ると、、

なんかいい香り・・・・・


うおー!!!!Tさんがマルタバとトゥランブラン買っててくれたーーー!!!

「空港のほうまで探しにいったら一軒あったよー!!」って嬉しそう。

あんた、、ほんまにエエやつや!!

marutaba.jpg
マルタバ

turan.jpg
トゥランブラン


で、ホテルに戻るわけなのですが、ドライバーが何度も道を間違えて全然たどりつかねっ

最後のほう、私が
「てか、さっきの道左じゃない?」とか「あのレストランを曲がるんだよ」とか教える始末だし。

そんなプチハプニングもありつつ、到着。


部屋でマルタバとトゥランブランを食す・・・・



うんめーーーーーーーーー!!!!!!

なにこれ!予想以上の美味しさ!!
チヂミとお好み焼きを足して2で割った感じ!

トゥランブランはともかく、マルタバ超美味い!!

そのままでも美味しいけど、一緒についてくるサンバルかけるとさらに美味しい~!!!!!

ハマりそ~


④につづく!
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。