*ソノヒグラシ*

薄給OLが己の所得を省みず散財してる日記です。主に、旅と酒に特化。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 2013.バリ島旅行④TOP旅行(海外) ≫ 2013.バリ島旅行④

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

2013.バリ島旅行④

【3日目】

今日は完全フリーのノープラン。

とりあえず、朝ごはん食べて、、

food1_20130825114021561.jpg
簡単なビュッフェでした。

food2_20130825114020ca9.jpg

food3_20130825113252fdf.jpg
盛り付けが相変わらず下手くそです。手前のスープが美味!!


ビーチでも行くかぁ~と水着に着替える。
ビーチまでは歩いて15分ぐらい、とのこと。
gane_20130828143354965.jpg
この日はガネーシャのお祭りでした


お土産やさんがたくさんある通りだったので、きょろきょろと散策。

byci_20130828143356ec5.jpg


途中の土産屋のオジサンが「ミヤサコデスッ!」とか言ってきたのでウケたww

今まで、海外に行くたびに現地の人から数々の日本のギャグ?を披露されてきたけど、
こういうのって、いつ誰が教えてるのだろうか??
YOUTUBEで観てんのかな笑


で、あっという間にビーチに到着。
写真 2 (5)


夫が「え、、なんか海綺麗じゃないね全然。」と言い出す。
いまさらー

「そうだよ。こんなもんだよ。」というと
「しかもなんかドブ臭い。なにあれ排水がめっちゃ海に流れ込んでるぢゃん!!」
とかブーブー言い出したので、

じゃあ、すぐそこのプールバー行こうよ!
ともともと行きたかった「cocoon beach club」というプールバーへ。
私はもともと海よりこっちに行きたかったのだ。

プールバー、といえば急に呼び出されることでおなじみです。
禁断のテレパシー。



ここは、カジュアルとセレブと情熱と冷静の間って感じのお店。・・・ってどんなだ。


まあ、とにかくいい感じってことです^^


店員さんもスマートな物腰だし。

入口でセキュリティーチェックを受けて、ウェイティングスペースを過ぎると
細長いすっきりと綺麗なダイニングエリア。

そしてその先がビーチバーエリアです。
cocoon.jpg

すでに8割方ベッドが埋まってて(予約してる人も多かった)
パラソルが無いベッドしか空いてなかったのだけど、そこに陣取る。

写真 3 (2)


あ、ミニマムオーダー料金が決まってて、確か350,000Rpだったかな。

あとバスタオルも貸してもらえます。15,000Rpだった気がする。すでにうろ覚え。

まあ、とにかくここでお酒を飲んだり、ピザ食べたり、寝たり、プール入ったりして
長いこと過ごしました。お金持ちになった気分。

写真 4 (2)

写真 2 (4)

写真 1 (3)


あ。お手洗いも綺麗ですよ!

結局350,000Rpどころか、2人で1,000,000Rpぐらい使ったんじゃなかろうかw

サンセットもばっちり見れます。

写真 5 (1)


そして、お土産屋さんをブラブラと探索し、アクセサリー買ったりお土産を買ったりして帰路へ。
ミヤサコデス!のおじさんがまだいたので、
夫がその人に振りつきで「宮迫ですっ!」を披露したら

「は? ( ゜Д゜)」

みたいな顔をされてて、ワロタwww


ビンタンスーパーマーケットにも行きました。
写真 1 (2)


柔軟剤とかバリコーヒーとかサンバルとか買った。

ここの通り、にぎわってて楽しいなあー

しばらくショッピングしてたら、お腹がすいてきたので、

どこかで夜ご飯を食べようということに。

朝食でインドネシア料理はちょこっと食べたので、本当は和食が食べたいけど、
さすがに、バリに来て寿司食ってる場合じゃないだろう、、と
いうことで、「ワルン イタリア」というお店へ。・・・って、イタリアンかいっ!

ピザで勢いがついていた模様。

ここ、前に誰かのブログで見て、気になってたんです。
ナシチャンプル式でイタリア料理が楽しめるレストラン とのことで。


ホテルから歩いて15分ぐらいだったかなー。

写真 2


19:30ぐらいだったからか、めっちゃお店混んでる!!
並ぶまでではなかったけど、もう少し遅かったらやばかった。


warung-italy-1.jpg

↑こんな感じで好きなおかずをチョイスできる。



あと、パスタも食べた。

これがめちゃくちゃ美味しかった~

写真 2 (2)


写真 3 (1)

これで400円ぐらい。安い。


そして、まだお互いおなかに4割ぐらいの余力があるってことでハシゴww

だからデブなんだよ!
って思ったヤツ!!



その通りです!!!



次は、インドネシア料理のワルンへ。

ちょっと、お店の名前は伏せます。

店内は思ってた以上に奥行きがあってびっくり。
通された席が、なんかオブジェとか小さい噴水のようなものがあるところの近くだった。

・・・からなのか、蚊が!
また蚊、ここでも蚊・・・
も~気になってしょうがない。


あちこち痒い錯覚に陥る。


とりあえず、極力気にしないようにして、
メニューを選ぶ、、

私は、ナシチャンプル、夫はミーゴレンをチョイス。

しかし、時間も遅めだったからか、どちらも品切れとのこと。

マジか。

二人とも激しくガッカリしながら、夫はナシゴレンに変更。

私は、まったく代案が思い浮かばず、しばらく悩んでたら
店員さんが「ナシウドゥックがオススメです」と言うので、「ふーん、じゃあよく分からんけどそれで。」
と何の知識もなく注文・・・・・



したのが間違いでした

自分、ナシウドゥック無理っす

写真 4


概ね何でも食べれる私ですが、これはダメでした。

ちなみに、ナシウドゥックとはココナッツミルクで炊いたご飯のことで、ご飯が甘い
その周りのお惣菜みたいなのも、なんか全て甘いー
このチキンならいけるかな?と食べてみるも、全然味が無い・・・

あ、このソースみたいなのにつけるのか?とつけてみると、、甘~!!!なんじゃこりゃあああ!!!

私が星一徹ならテーブルひっくり返してたわ。

ずっとピーナツ味噌食べてる気分。
ピーナツ味噌ならいいけど、全てが得体のよく知れないふにゃふにゃとした甘い物なので
ほんと2口ぐらいでギブアップです。

申し訳ないっ


しかも、スープとして頼んだソトアヤムが、思いのほかでかい。
ご飯もついてるし。

ナシゴレンも、薄くて、相当イマイチでした。

写真 3


そして、お会計をしてもらったのですが、
お釣りが全然やってこない。

10分以上待っても来ないので、言おうかと思ったけど、
盛大にナシウドゥックを残してしまった罪悪感があり、
そのまま「いいよチップってことにしよう・・・・」と店を出ました。

どんだけ気が弱いのか。

なんだか、どんよりとした気持ちでホテルへ帰る私達・・・・

ま、いっか。

これも思い出。


ということで、部屋でビールを飲んで就寝~

腹10分目でも、お酒は入る^^

夫が日焼けしすぎて辛そう。

⑤へつづく。



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。